Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

キラキラ★スターシャワー

カウンタ
ブログパーツUL5
tukiyoに伝言
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
日経エンタティメント 
0

    おくればせながら、エンタの条件、今回は和太鼓の話です。SHOCKでの存在感は、主役級ですね。はじめ、太鼓の石川さんがはいって、日野さんもはいってから、

    光ちゃん、太鼓の点数を聞くようになってて。今日何点?って、まあ、習い事はじめた小学生みたいだけど、カワイイって思ってた。たぶん日野さんもね。光ちゃん、だてに長年たたいていない。ただたたくだけでは、全然”鳴ってくれない”ということを和太鼓を初めてすぐに感じたそう。以前は、みんなが帰った後に、手がすりむけるまで何時間も練習していたと。

    一時やっていた高い位置の太鼓を辞めた理由も語ってて。それに関連して、滝沢君のjrくんたちの腹筋太鼓についても語りが。光ちゃん、親の気分になっちゃうって。

     

    今日は6点といわれることもあるようで(100点満点でですよ)日野さんも容赦のない点数をくださるんで素敵。(たいていは散々な成績)でも、数回100点もいただいたことがあるという。100点のひとが、ある日は6点なのね。(笑)

    時々、光ちゃんがいう乾燥の被害についても、語っています。帝劇で2か月やっていると、湿度が高い日にたたくと、すごく重たい感触がするけど、乾燥しすぎても、音のスピードがおちるとか。究極の状況でやっていると、音声のとび具合もわかるという。・・・乾きすぎてると、歌っていても地獄、のどが渇くという辛さに加えて、声が遠くまで飛んで行かない厄介さをヒシヒシと感じます・・・

    耳がいいことは知ってたけど、光ちゃんの感覚器はものすごく優秀だ。乾きすぎてて、のどよりも耳で『ヤバイな』ってすぐわかる・・・

    posted by: tukiyo | 光ちゃん | 20:31 | comments(0) | - | - | - |