Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

キラキラ★スターシャワー

カウンタ
ブログパーツUL5
tukiyoに伝言
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
日経エンタティメント 2018/6 堂本剛 音の履歴書
0

    エンターティナーの条件、今月はタイトルが・・・変わるからこそ伝統は受け継がれていく・・・ジャニーズjr.についての語りですね。記者にきかれてもJr.のことなんか光ちゃん知るわけないもんね。でも、SHOCKの舞台に出た岸くんについては知ってると、しばし岸くん語り。「一生懸命な子、応援したくなる」岸くん、カンパニーのみんなに愛されていたと。今度デビューすることもメールで報告もらってるらしいです。

    ・・・かつてのJr.はタレントではなかったけど、Jr.といえども、舞台や活動の場もあることで、自分たちがjr.の頃とは大きく状況が変わっていると。ネットやYOUTUBEにも出番のある今、Jr.は、もう十分タレントですよね。ジャニーズでは伝統的に、CDデビューをもってデビューとみなす・・・というのも、今の時代にそぐわなくなってきている・・・いろんな形・スタイルがあっていいのではないか・・・最近はバックより演出、振り付け、プロデュースなどでjr.が先輩とからむことが多くなっている。グループに所属している子、していない子、それぞれにメリットがある。CDデビューしていなくても、いろんなタレントがいる、そういう事務所になるといいな・・・って。KinKiがjr.の頃、10人くらいしかいないこともあったそうで、その後、急に増えたらしい。光ちゃんは言う。「タレント活動するうえで近道はなし」・・・バックにつくことが少なくなったけど、ついたほうがいい、Jr.の中だけでは絶対学べない何かがあるから」

    気づいたら某Twitterになぜか退所した元ジャニーズメンバーの動画が・・・。光一さんの愛だって今になってわかるという話。今はジャニーズ、先輩も後輩もないくらいに優しくなっているけど、厳しい人は必要だと思う。ホントは優しいことに気づいている後輩もたくさんいるけど、光ちゃん、まだちょっと怖い先輩でいいよ。

     


    今回はソロの剛くん、"ENDRECHERI"・・・復活したと思ったら、つづりがちょっと違うのね。そこに復活の意味もこめてるようで。

    続きを読む >>
    posted by: tukiyo | 光ちゃん・剛くん | 17:46 | comments(0) | - | - | - |
    日経エンタティメント  2018/2
    0

      今回は”音楽特番あるあるとメドレーあるある”…がテーマ。KinKiさんも年末に番組露出が多かったので、その辺りのことなんだろうけど。毎度ながら面白いな。KinKi Kidsの場合は選曲や構成に関して番組側の提案にそのまま従うことが殆んどとか、それも長いお付き合いで信頼関係があってKinKiの楽曲を理解してくれている番組スタッフが多いからだそう。それでも時には葛藤が生まれることはあって、どのアーティストも新しい売り出し中の曲を披露したいはずで。でも番組側からは過去のヒット曲を希望されるケースが多いらしい。『硝子の少年』を歌いたくない訳じゃないけど、「またこれか」ってならないか?という心配…。ファンの気持ちもよーくわかってる光ちゃん。ただ一方的に「この曲で」と言い渡されるわけではなく、協議する余地はあるそう。サイズ等の問題がある場合は意見を出させてもらうこともあるみたい。

      メドレーは意外に手がかかると。光ちゃんはジャニメドレーについて、あまり他のグループの曲をしらないので、 毎回戸惑いながら参加させてもらってるって笑。(うん、わかる!)自分らの歌詞でさえなかなか覚えられない人間ですから、まずはプロンプターの有無を確認て笑。僕も剛も前へ前へという精神がないので控えめにやるのが習慣になってる様子。好みから言えば、私はじっくり聞きたい派なので、メドレーはあまり好きじゃないけど、KinKi Kidsのライブのメドレーは悪くないと思ってたの。さすが専属バンドでバンマス吉田建さんの頑張り、演奏でどうにでも展開できる強みがあるのはさすが。いいメドレーは一曲のように聞こえる…か、なるほどね。確かに。作り方次第で華やかにもなる、どの場面に持ってくるかで印象がかわる…。場合によってはテンポを変えることもよくある。そうしないと曲がかわった途端、つんのめっちゃうからだって。ぶつぎりメドレーって、いやだな。

       

      あとは剛くんとの合作『Topaz Love』について。堂島くんにやろうよ!っていわれて特に20周年の意識はなかったけど、結果、20周年の節目に生れた忘れられない1曲になりましたと。ここへきて、普段は決して詞を書かない光ちゃんが、結構な妄想族であることが判明。十代の女の子の深夜徘徊のイメージねえ?でも、剛くんにはそのことは一切伝えず。蓋明けてみたら近いイメージの歌詞になってたって。そういえばどこかでPartyのときの相方Tシャツは打ち合わせてないってきいたけど、ほんとに?うたがうわけじゃないけど、双子のように通じあう二人って何?って感じ。

      最後の掛け合いのとこ、私の耳だとかなり聞き取り大変なのだけど、一番そこが美味しいとこでもあるらしい。あの部分、作詞も大変だけど、うまくできてたなあ。え?アニメのエンディングになってるの?雑誌の発売日は4日だよ?新年早々にばらしてる光ちゃん。てことは…あれだよね?ああ、土曜日が楽しみ!・・・ん?お知らせキタ!!

      続きを読む >>
      posted by: tukiyo | 光ちゃん・剛くん | 01:21 | comments(0) | - | - | - |
      ブランチ光ちゃん&嵐にしやがれ
      0

        『王様のブランチ』

        SHOCK会見でしたね。またまた触ろうとした方に、おさわり禁止令をにっこり言い渡す光ちゃん。そしてまた中高年ファンの、追っかけ許可確認もね。あのーお子様、お孫さんがいないとダメ?ってことはないよね?宣伝活動はします、ハイ。

        ブランチTHANK YOU!!って、終わりに極上笑顔!!あんな光ちゃん、ちょっとないよねえ。でも、会場の雰囲気も、なんとなく不思議なくらい整然としていて、いい感じ。質問は前もって整理もされていなかっただろうけど、厳選された内容みたいだし。KinKiファンは大人っちゃ、大人だからね。特別少人数制って、自分が参加はできないけど、少しでも露出が増えるなら、わるくはないよね。

        『嵐にしやがれ』

        剛くんゲストだけど、苦手な先輩風を無理やり吹かされてる感じで番組的に?がっちり共演は15年ぶりだど、メンバーと何もなかったわけではない。私のしらない、大野君とのからみもあったのねえ。私も、これがあったから、いろいろ思い出したよ。『未満シティ〜』松潤、かわいいねえ。相葉ちゃんもいるし。二宮くんに曲提供したっても聞いてたっけ。愛方いないけど、さり気にお笑いで、パートナーとしてご紹介する剛くん、抜け目ない。「わかんねえ!(客席にマイク!)」これ、現場で見たことあるの私。思わず吹いちゃったもん。嵐のみなさんも思わず

        剛くんは昔から高所恐怖症だったけど、あれは、そうそう克服できないものよね。実は桜井くんも高所恐怖症気味って初めて知ったわよ。せっかく克服しようとしたのに、剛くん、かえって悪化したすか!ごめん、わらっちゃったよ。

        そしてフラワーアレンジメント・・・松潤、なかなか上手?ちなみに私は、紫色外した形、地味だけど結構好きかもです。やったことないし、何もしらないので素人感覚。しかし、剛くんの場合は、それを撮影して、ちゃんと仕事に反映させてるからすごい。

        終わりは、お料理、鶏飯。それをここでつくるという・・・鶏肉を引き裂く作業を、果てしなくやらされる嵐くんたち・・・実はあきちゃってない?でも、おいしかったからOKだね。


        続きを読む >>
        posted by: tukiyo | 光ちゃん・剛くん | 17:44 | comments(0) | - | - | - |
        オリスタ9/13
        0
           今号は光ちゃん9ページにエンドリ剛くん6ページに兄弟2ページとセットファンにお得な一冊。光ちゃんソロ写真は笑顔ないけど麗しいし、剛くんの生まれつきかわい〜の表情がなんともいえない。笑えるのが光ちゃんのインタ。こりゃインタビュアー泣かせだな。作詞をしたくないのは才能ないから!とてもいい曲ですねと言われても、それはどうでもいいです、曲はイマイチとバッサリ!(^_^;)・・・その2曲もどうでもいいかな。…明るいのはあんま好きじゃないんですよ…それはスタッフが入れろといったから…爆笑インタだよ、コレ。ツアーの内容は?まだわかんないです。リハもしてないから。俺は踊らずに歌ってるだけかもって。ありえないだろ、ソレは。気の毒なインタビュアーさん。完全におちょくられてる?いや本音だったね。あれ〜?ここでもどっかでみたような黒い風船登場。なんでか黒かなあ?申し訳程度のピンクとオレンジ一個ずつって半端だよなあ。
          続きを読む >>
          posted by: tukiyo | 光ちゃん・剛くん | 09:34 | comments(0) | - | - | - |
          月刊Songs 9月号
          0
            近畿の形ではないが、二人一緒の雑誌に載ってるってことで(^-^)ノテンション上がるのよ私は。←セットファンにはココ大事!剛くん7Pに、光ちゃん11Pに取材日記にもちらり記事あり。ふたりとも写真かわい〜♪光ちゃん表紙より中のがよろしす。お勧めはカメラさんに注文つけられた体のラインがキレイに見える角度という、腰ひねり女優なポーズの光ちゃん。表情も伏し目がちに憂い顔の光ちゃんは完璧な美しさ。絶対できんと言った光ちゃんをときふせたカメラマンさんに感謝!白シャツにグレイっぽいベスト+ブラックパンツという光ちゃんの定番のファッションなんだけどね。テキストはBPMアルバム語りで、前作よりはもっと自由に作ってるという。テーマは心躍る、なのかしら。曲はやっていくうちにどんどん変わってくるものや仕上がりが予想外になることがあるようで、気になる曲はこの辺りかも。私はまだ聴けてないんで想像つかないのだけど。SHOCKの劇中の『SOLITARY』も収録されてるのは嬉しいファンサービス。そして光ちゃんはSHOCKが終わってもライブで《SHOW MUST GO ON》する気満々。スタッフさん、光ちゃんのご機嫌ドリンク(多分コーラ)の準備は忘れないでね。
            さて、剛くんのページは薬師寺ライブ。ミュージシャン達の写真も掲載。ちとオリスタに似た感じの写真が多いかなあ。テキストは半ページくらいとすごい短めで、雰囲気は伝わる内容だけど、ページ数があるし、もう少しテキスト欲しいなあと思ったり。でも…ピンクのパンツで悩ましく…セクシーダンスで客席を悩殺って!ココいいなあ…んふふ♪
            posted by: tukiyo | 光ちゃん・剛くん | 22:53 | comments(2) | - | - | - |
            GyAo 09 2010
            0
              Endless SHOCKと薬師寺ライブをそれぞれ8Pずつ載せてくれたので、なんとなく買っちゃったけど、実はちょっと後悔。(;^_^A

              だってSHOCKは千秋楽だし、薬師寺もレポが出ていて、某オリ●タとかで間に合っちゃいそう。
              SHOCKは光ちゃんの写真、アップがあるけど、どうせなら、もうちょっとツボ写真がほしいもんだ。一Pだけ気になったのは、ジャングルのフライング写真・・・これは躍動感にあふれていて、かなり私好み。全体にはアップの表情がイマイチだし、半端写真にみえてしまうものが多くて、撮るなら、もうちょっとアングルとか、全体とるのか、表情に徹するのか、状況写真なのか、焦点はっきりしてほしいとか思ってしまった。内くんとの写真もあるけど、これは何を撮りたかったのかわかんないもん。

              薬師寺ライブのレポはMC部分も多くて、他誌とそんなに変わらないような内容かも。写真はたくさんあるけど、横顔がとても綺麗に写ってるのがあって。歌っている横顔のアップと、ちょっと遠い目をした横顔が、それぞれ1Pずつ・・・がお勧め。
              posted by: tukiyo | 光ちゃん・剛くん | 23:32 | comments(0) | - | - | - |